自分も皆も『Win×Win』 


by win-winproject
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

小1の壁ってホントにあるの?

Win-Winメンバー5名のうち
3名のこども(男×2 女×1)が、
この春、小学校に入学しました。

私以外のメンバーについては
第2子の育児休業中ということもあって
学童に4月からお世話になったのは我が家だけ。
3月31日から4月1日の切り替えは
なかなか、状況もわからず
その環境変化に戸惑いも多くありました。

保育園と小学校は
やはり、まったく違っていて
確かに「壁」はある!というのが
私自身の感想です。

それは、親である私にとってもそうですが
こどもにとっても、です。

我が家の場合は、これに、
私自身の人事異動に伴う引越しも付随して発生したので
ホントに、どたばたでした。
入学から3ヶ月がたち、夏休みを前にしてもなお
まだまだ、リズムはつかみきれていません。

ちょっと先をいく、私としては
「覚悟はしておくにこしたことはない」というのが
ストレートなアドバイスです。

「壁はあるぞ」と心の準備をした上で
周辺状況を探ることは必要でしょう。

そうして、念をいれて覚悟・準備をした上で
お子さんも自分もスムーズに馴染めたのであれば
ラッキー!というようなものです。

最近はワーキングマザー向けの雑誌・書籍なども
いくつかあって
「小1の壁」「小4の壁」などを取り上げていることも
結構、あります。
参考に、読んでおくものよいでしょう。

でも、おそれ、心配しすぎることもないというのも事実。
ワーキングマザーとして
子育てと仕事を、これまで何とかこなしてきた方であれば
様々な小粒のトラブルを乗り越えるのは
経験値を応用すれば、それほど困難ではないでしょうし
ネットワークを活用すれば、ヒントはたくさんあるはずです。

保育園と違って
立場の異なる保護者同士のお付き合いも出てきます。

PTA、スポーツ少年団、学童などなど
異なったコミュニティーを体感するのは
時に、面倒なことも(正直)あるけれど
一方では、多様性を感じることができますし
「実社会」を知ることができます。
コミュニケーションのあり方を再認識したり
社会が求めているものなどを
リアルに知ることができ
これは、仕事にも確実に活きます。

というわけで、
「壁」は確かにあれど、私自身は
仕事×子育て=HAPPYであるという考えは
かわっておりません。
むしろ、より一層実感しているところです。

お子さんの入学などを前に
疑問、心配などあれば、是非、コメントください。
リアルな声を、お返しします。

BY はしけい
[PR]
by Win-WinProject | 2009-07-10 08:48 | 仕事×子育て=HAPPY PJ