自分も皆も『Win×Win』 


by win-winproject
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

土堤内昭雄さんの著書より・・・

5/21の講演会に向けて「父親が子育てに出会うとき」を読んでいます。
まだ途中なのですが、
その中で共感した部分がいくつかありました。


まず、育児は、主体的に関わるのと副次的に関わるのとでは
全く違うということ。

同じ家にいて、子供と毎日顔を合わせていても
副次的な関わりしか持っていなかった筆者は、
自分が主に子育てをする立場になって初めて
「子供のことを全くわかっていなかったことに気づいた」
と言っています。

それは、私自身も日々感じていること。
私は主体的に関わっている立場ですが、
娘のことを気にかける程度が夫とは全く違うと感じています。
本当は対等でありたいのですが、それは難しいことなのかなぁ。
北欧などでは、社会の意識からして違うようですが。。。


そして、
「親が子供と別な世界を持つこと、生き甲斐を持つことが、
 子供にはマイナスにならない」ということ。

子供そっちのけで趣味や仕事に没頭してもよい、ということでは
もちろんありません。
子供の気持ちを無視してはいけない。

でも「子育てをしているせいで何もできなかった」と、あとから言いたくない。

〈生きている以上、学びたい、自分を成長させたい、という気持ちになるのは
 自然なこと。その要求が満たされて初めて、自分も満足できるし、
 家族にも、そして子供の前でもニコニコできるのではないかな~〉

と、育児休暇中に悶々としながら考えていたことを思い出しました。


土堤内昭雄さんの講演会、ますます楽しみになりました!


by yuko
[PR]
by win-winproject | 2006-04-21 13:46 | その他