自分も皆も『Win×Win』 


by win-winproject
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

8人のじぃじ・ばぁば

3歳6ヶ月の息子には
計8人のじぃじ・ばぁばがいる(1人は天国在住)

夫婦ともに、親戚が近くにない我が家では
私の育休復帰にあわせて
ファミサポ会員に登録。
急な残業も多いことから、2家庭を紹介してもらい
総計8人のじぃじ・ばぁばに恵まれることになった。

最も息子のお世話になる比率の高いのは
Kさん一家。
最初は、息子も慣れるのに時間がかかったが
おおらかなKさんの声かけやふるまいに
段々と心を許すようになり、
今では私より『Kさんのお迎えがいい』と主張する日も。

とりわけご主人については、
最初は全く息子と関わらなかったものの、
時間とともに、仲良く!?なり、
今では、お迎え、入浴と大活躍。
最近では、先頃出産したお嬢さんの前で
「実の孫より○○←息子の方がかわいい」と暴言を吐き
険悪になったとか。(そりゃあ、娘さんに同情します)

夫の急な入院や、私の体調不良時などには
家族でお世話になっているほど・・・です。

Sさん一家は、ベテランのファミサポ一家で
一日に何人もお子さんを預かることもある
さながら「プチ保育園」。
年長のお姉ちゃんや、自分より年下の赤ちゃんを見て
兄弟関係(に近いもの)を息子も学んでいるようです。
1年の記録をDVDに焼きこんでプレゼントしてくださる
本当に心温かいご夫婦です。

わが実家の本家・じぃじ・ばぁばは
「独立したのだから、自分達でなんとかせぇ」という主義。
こうして多くの助けを得て、何とか仕事と子育てをこなしている
私達を、見守ってくれています。
それでも、どうにもならない感染症などの時には
「連れてくれば面倒見るよ」と心強い言葉。
祖母の介護もしながら、ちゃきちゃき働く母らしいコメントの
こんなサポートがあるから、やっていけるのかも。

夫の母は、息子いわく「やさしいおばあちゃん」
遊びの知恵が豊富で、一杯遊んでくれるので
息子からはこの称号!?を得ています。
私が勉強会などで不在のときには
来てもらったりして・・・助けてもらっています。

声を出せば、助けてくれる人は一杯います。


「他人にこどもを預けるのは気が引ける」という方もいますが
自分一人で、乗り切れないと思ったら
SOS出してみることが大事。

私は8人のじぃじ・ばぁばがいなければ
仕事も続けてこれなかっただろうし、
子育ても不安が多かったと思う。

仕事×子育て=HAPPYになるためには
弱みを見せること・・・・・・・。

これ、結構、大事です。

BY はしけい
[PR]
by Win-WinProject | 2006-04-24 07:46 | 仕事×子育て=HAPPY PJ