自分も皆も『Win×Win』 


by win-winproject
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

浜松まつりに感動

今年もこの季節がやってきた。

浜松はこの時期、最高に盛り上がる。
浜松出身の夫と結婚して5年。
この時期になると自然と血が騒ぐようになった。
とはいってもまだ参加するまでには至ってないが・・・。

初めて凧揚げ会場に行った時
あまりにもガラの悪い人が多いのでびっくりした。
すれ違う人ほとんどが
気が荒く、色濃く焼けた人がそろいもそろって
法被(はっぴ)姿なのだ。
その迫力に圧倒されるばかりだった。

5年たった今、驚くことはなくなったが、
祭りに対する見方が変わってきた。
浜松祭りというのは、老若男女が参加するお祭りだ。
それがとても価値あるように思える。

色あせた法被を着こなす老人は、ベテラン顔で堂々と歩き、
たくましい体をした大人たちは力強く凧揚をあげる。
子どもたちは、一年練習を重ねたラッパを吹き鳴らす。
女たちもみな法被姿。
小さな赤ちゃんまで。
参加していない世代の人たちがいないのだ。
そして皆、この日を同じように楽しみにしている。


そしてもう一ついいなと思うのは、
赤ちゃんを祝う祭りであるということ。
初子(昔は長男に限られていた)が生まれると
子どもの名前の入った凧を作り、町内のみんなで揚げる。
そしてみんなで誕生を祝うのだ。
浜松祭りに参加している町内は少子化とは無縁かもしれない。
それを見ていて私も男の子が欲しくなるくらいだから。


浜松に嫁いできたのも何かの縁。
法被をきて参加する日もそう遠くはない気がする。

SUZU
[PR]
by Win-WInProject | 2006-05-03 18:18