自分も皆も『Win×Win』 


by win-winproject
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

形から入ってみると・・

前回からの続きです。

三歳の息子が「パパ嫌い病」になってはや二週間。

「これではまずい。」と主人は本気で思ったらしい、、がどうしていいか分からない。

何とかなるかなと軽く考えていたが、なんともならなかったのだ。

益々「パパ嫌い。あっち行ってえ。見ないでえ。」と朝から泣きじゃくる息子。

「寝てばかりいないで少しくらい手伝ってよお。」と怒る私に「いやだ。」と布団に
もぐりこむ彼。

「いいかげんにしてよ。」と思ったが、あえてそこは我慢した。

しかしこの状態が続くと、まずいと考えた。

なぜ息子はここまでパパ嫌い病になっちゃったのか。

もしかして、パパが仕事でいなくてもやっていけるように
私自身頑張ってきたつもりだけど、
二人の時間が長すぎて、パパとはどう接していいのか
わからないんじゃないだろうか?

パパも息子も互いに困っているんじゃないかな?

だったら、私が二人を繋ぐしかないな。

と、おもった私の取った行動。


「パパ、だーい好き!!」


と、抱きついてみた。←かなり演劇。慣れない事で緊張。

すると、パパは照れくさそうに頭をポリポリしていたが、まんざらでもなさそう。

さらに今度は息子が「ママもパパもだーいすき!!」と私のお尻にしがみついてきた。

よしよし、、まんまと私の罠に、、、←悪い事でないからいいでしょ。


以前、私の尊敬する和田裕美(ブリタニカで世界NO2の営業成績を残した
女性起業家)さんが
「苦手な人でも相手のことを好きだ。好きだと思い込むと
本当に好きになってくる。」
と話していたことを思い出したが、
形から入るのも大切ではなかろうか。

いいものはどんどん取り入れていきたい。

その日から毎晩8時過ぎに帰ってくるようになったパパ。

やればできるじゃん。

息子も徐々にパパがいることに慣れてきているみたい。

よしよし。

BY いくまろ
[PR]
by Win-WInProject | 2006-05-10 23:34 | 元気を生み出すPJ