自分も皆も『Win×Win』 


by win-winproject
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

あきらめない勇気

こんな時に限って
ココログ(マイブログ)がメンテナンス中で、
自分の考えを整理すべき、思いをまとめることができない。

そこで
多くのワーキングマザーにとっても
私の直面している問題には、関心があるだろうと推定し
昨日に続いて、書かせていただこうと思う。

人事異動が発令された。
会社の内規によると
新幹線通勤を認められていない赴任地への異動である。

混乱のあまり、
涙と、感情の爆発を繰り返しながら
2日間を過ごした。

悔しくて、切なくて、
どんどん考えが後ろに向いて
私から笑顔が消えていった。

それは、どんな時も、どんなことも
笑って乗り越えてきた自分を自分で裏切る2日間だった。

そんな自分は、私らしくない。

1つだけ、わかったことがある。
私のために、共に考え、泣いてくれる
家族と同僚・友人がいるということ。

私のために、精一杯の対応をしてくれる
上司がいること。

乗り越えられるかどうかはわからない。

だけど、私のがんばり次第で
自分と家族のバランスを保つことが
出来るのであれば
今は、前に進もうと思う。

今の私には「辞めない理由」がある。

私は、静岡が好きだ。
テレビが好きだ。
ここで、私は、もっとやりたいことがある。

中学生の時から、憧れ続け
幾多の「不合格」を乗り越えて
一歩を踏み出したテレビの世界で

泣きながら毎日生放送に臨んだ新人アナ時代も

アナ出身の記者として、放送時間ギリギリまで駆け回った毎日も

妊娠で現場を離れることになり、一杯泣いたあの日も

それでもふんばり、大きなお腹を抱えながら
編成部で担当したPRキャンペーンも

育児休業から復帰して、連夜の睡眠不足と
母乳育児にへとへとになりながらも
CM進行班の責任者として
2年半、地道な作業に取り組んだ毎日も

私はあきらめなかった。

だから私は、これからも
あきらめずに「夢」を語り続けたい。

静岡県民と喜怒哀楽を共に出来る
そんな泥臭いソフトをいっぱい排出する
ローカルテレビ局の一員として、
たとえちっぽけなことでも
地元に貢献し続けたい。
地元に恩返しをすることが、私の夢であり、目標。

突きつけられた現実は
私にとっては、大きな試練だが
私は、私の譲れないものを忘れないようにしながら
それでも、前に進もう。

かき丸さん、
yukoさん、ブログをお読みの皆様、
ご心配かけました。

泣いてくれたいくまろちゃん、共感してくれたとよかなさん、
見守ってくれたすずちゃん、サンキュ。

こんな時にも、冷静に私を支え
これからやってくる試練に
一緒に立ち向かってくれる決意をした夫。

これからも
応援、よろしくお願いします。

私から笑顔が消えたらSOSのサインです。
助けてね。

え?Win-Winの活動どうするかって?
ははは。
やりますよ。ライフワークだもの。

基本は「マグロ体質」ですから。

BY はしけい
[PR]
by Win-WinProject | 2006-07-13 05:18 | 仕事×子育て=HAPPY PJ