自分も皆も『Win×Win』 


by win-winproject
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:仕事×子育て=HAPPY PJ( 42 )

ご無沙汰ブログ

ずいぶん、こちらのブログは
ご無沙汰してしまっていて
本当に、失礼しています。

わが個人ブログは
日々更新!を目標に頑張っているのだが
なかなか、PCに向かう時間的余裕が取れず
(メンバーも二人目の子育てに大わらわ)
私が更新するしかないのに
とほほのほ。

Win-Winでは、昨年、
静岡市協働講座に臨んだのだが
あえなく敗退。
今年はどうしようか・・・と
相談したくても、
なかなか忙しくて集まれず。
昨日は、久しぶりに集まったのに
ごはんだべて
こどもたちと遊んで
だべって、終わっちまった。

ま、その時!が来たら
きっと、また立ち上がるので
いましばらく、活動は地道なものに
なるのかな?

そんななか、私・はしけいが
メンバーのUちゃん、Sちゃんに続いて
「ドリマ先生」になるべくICP講座を受講。
無事に卒業したのである。

これで、メンバーで
「ドリマ講座」も開講可能!

そんなこんなで、
Win-Winも「ドリマ」旋風となるか?
[PR]
by Win-WinProject | 2011-05-05 20:03 | 仕事×子育て=HAPPY PJ

再始動

私の単身赴任や
メンバーの第2子ベビーラッシュなどがあり
(しかも、みなさん入院→出産)
Win-Winの活動も
ここしばらくは休止状態になっていました。

ブログも、ご無沙汰・・・ということで
久しぶりの更新。

読んでくださっている方が
どのくらいいらっしゃるかはわかりませんが
とにかく、更新することが大事。

再始動の第一歩は
静岡市協動講座コンペへの参加。

ワーキングマザーに特化した講座で
忙しい毎日の家事や子育てが
少しでも楽になり
お母さんたちが笑顔になれるような
そんな企画で、チャレンジ。

結果はどうなるかはわからないけれど
とにかく、やることが大事。

「やる」か「やらないか」

頭の中で、描いているだけでは
何も始まらないわけで・・・

とにかく、やってみる!気持ちをもって
Win-Winも再始動します。
[PR]
by Win-WinProject | 2010-06-21 08:33 | 仕事×子育て=HAPPY PJ
Win-Winメンバー5名のうち
3名のこども(男×2 女×1)が、
この春、小学校に入学しました。

私以外のメンバーについては
第2子の育児休業中ということもあって
学童に4月からお世話になったのは我が家だけ。
3月31日から4月1日の切り替えは
なかなか、状況もわからず
その環境変化に戸惑いも多くありました。

保育園と小学校は
やはり、まったく違っていて
確かに「壁」はある!というのが
私自身の感想です。

それは、親である私にとってもそうですが
こどもにとっても、です。

我が家の場合は、これに、
私自身の人事異動に伴う引越しも付随して発生したので
ホントに、どたばたでした。
入学から3ヶ月がたち、夏休みを前にしてもなお
まだまだ、リズムはつかみきれていません。

ちょっと先をいく、私としては
「覚悟はしておくにこしたことはない」というのが
ストレートなアドバイスです。

「壁はあるぞ」と心の準備をした上で
周辺状況を探ることは必要でしょう。

そうして、念をいれて覚悟・準備をした上で
お子さんも自分もスムーズに馴染めたのであれば
ラッキー!というようなものです。

最近はワーキングマザー向けの雑誌・書籍なども
いくつかあって
「小1の壁」「小4の壁」などを取り上げていることも
結構、あります。
参考に、読んでおくものよいでしょう。

でも、おそれ、心配しすぎることもないというのも事実。
ワーキングマザーとして
子育てと仕事を、これまで何とかこなしてきた方であれば
様々な小粒のトラブルを乗り越えるのは
経験値を応用すれば、それほど困難ではないでしょうし
ネットワークを活用すれば、ヒントはたくさんあるはずです。

保育園と違って
立場の異なる保護者同士のお付き合いも出てきます。

PTA、スポーツ少年団、学童などなど
異なったコミュニティーを体感するのは
時に、面倒なことも(正直)あるけれど
一方では、多様性を感じることができますし
「実社会」を知ることができます。
コミュニケーションのあり方を再認識したり
社会が求めているものなどを
リアルに知ることができ
これは、仕事にも確実に活きます。

というわけで、
「壁」は確かにあれど、私自身は
仕事×子育て=HAPPYであるという考えは
かわっておりません。
むしろ、より一層実感しているところです。

お子さんの入学などを前に
疑問、心配などあれば、是非、コメントください。
リアルな声を、お返しします。

BY はしけい
[PR]
by Win-WinProject | 2009-07-10 08:48 | 仕事×子育て=HAPPY PJ

ご無沙汰です!

なかなか、ブログ更新が出来ず
滞っておりました。

単身赴任期間中は、WinWin活動も
継続すること自体、厳しく
綱渡り状態でした。

4月に静岡に戻ったものの
今度は、小1の壁の前に
ブログ更新までたどり着くことが出来ず
やっと、本日、朝、時間が捻出でき
こうして、更新作業に臨んでおります。

この1年の間に
Win-Winメンバーの3人が2人目を出産しました。
2人目を切望しつつ、40の大台にのった私としては
本当にうらやましい限りですが、
3人とも、活き活きと
2人目の子育てを楽しみながら
今後のWinWin活動を、どのように展開していこうかと
会うたびに、話をしています。

私としては、何といっても
保育園から小学校入学に移行する際の
様々な課題についてが、
至近のTOPICSとして、語れるかなと思っています。

学校、学童保育、PTA、ならいごと・・・などなど
WinWinブログで書き連ねることで
後に続くWMの参考になることが
ひとつでもあればいいなと思っております。

自身のブログを立ち上げる際に
こちらにも、できるだけ更新していくつもりですので
どうぞ、よろしくお願いします。

私がメンバーで唯一の一人っ子ママ!
多分、時間は私が一番融通できるでしょうし
落ち着いてきたら、WinWinカフェも
再会しようと思っています。

また、企画・提案など、ぜひぜひ、ブログにお寄せください。

BY はしけい
[PR]
by Win-WinProject | 2009-07-08 06:24 | 仕事×子育て=HAPPY PJ

「声力」実践・・・続報

2月2日に静岡池田の森で開催する
第1回 Win-Winカフェサロン講座
「声力」実践トレーニング

4名の方に、お申し込みいただいています。
ありがとうございます。

当ブログにも、チラシをUPしようと目論んでいるのですが?
システム上、手間取っております。

そこで、もしご興味のある方がいらっしゃいましたら
連絡先を下記メールまでご一報いただけましたら
チラシを添付、あるいは郵送でお送りいたします。

win-winproject@excite.co.jp

講座の内容については、通勤の車中や早朝の一人時間に
イロイロと考えておりますが
10年間のアナ・キャスター時代の経験をふまえたトークを盛り込みながら
皆さんの悩み・・・
声が小さい、声が通らない、早口、緊張すると声が震えるなどなど
様々なケースをふまえて、
それを解消するための実践的なトレーニング方法などを
皆さんと共有したいと準備しています。

初心者?の方でも大歓迎です。

といっても、声による表現で「初心者」というのも変ですね。

名目上、私が「講師」ということになっていますが
堅苦しくない、学びあいの場ですので
皆さんと一緒に、勉強できることを楽しみにしています。

会場費とカフェ代も共有いただくことになるので
参加費が1000円となりますが
私達は、あくまで非営利のネットワーク活動ですので
ご理解ください。
[PR]
by Win-Winproject | 2008-01-11 06:38 | 仕事×子育て=HAPPY PJ
2月2日に静岡市内で
「声力」実践トレーニングと銘打った
学びの会を開くことになりました。

かねてから企画中だった
WINWIN Cafe (隠れ家的サロン講座)の一回目です。

今回は、元アナウンサーの私・はしけいが
これまでの経験をふまえて
「声」のもつ力と可能性を
みなさんと一緒に確かめながら
日常の会話や、ビジネスシーンなどで
「自分が思ったとおりの声」で話ができることを目標に
学びあいたいと考えています。

静岡市駿河区の池田の森・アトリエで
2月2日13時30分~15時30分まで。

Cafeとスィーツ付で参加費=1000円です。
(運営はあくまでボランティア=非営利ですが、
会場費などの経費がかかるため有料となっております、ご了承を)

詳細は、後日、チラシとともにUPしますので
お待ちください。

お問い合わせ、お申し込みは
こちらのブログのメールまでどうぞ。
(回答にしばらくお時間を頂戴する場合があります)

いつものことではありますが
手弁当のイベントにつき
不行き届きもあるかと思いますが
ご了承を。


by はしけい
[PR]
by Win-WinProject | 2007-12-26 06:57 | 仕事×子育て=HAPPY PJ

ためらわず子連れ旅

「みちのく一人旅」というのは
私が中学校時代にはやったが
今日のお題は
「ためらわず子連れ旅」である。

明日から、遅い夏休みをとって
5日間でオーストラリア・ゴールドコーストに向かう。

独身時代から
ハードな仕事の合間に
年に一度、国外に逃亡するのが、何よりの楽しみで
一人、ヨーロッパの各都市や
アメリカなどに行って、日常の憂さを晴らしてきた私にとって
子どもを産んでからも、その熱は冷めることなく
いやいや、むしろヒートアップしていて・・・

育児休業中の母子2人旅からはじまり
しぶしぶの夫や、実家の反対意見を押し切って
年に一度は、日本を脱出しているのである。

ということで、まもなく5歳の息子は
もちろんパスポートを持っていて
(もうすぐ最初の更新)
すでに3度の渡航暦がある。
(2度はオーストラリア、1度は雨のサイパン)

現状は、「そんな小さな子どもをつれて・・・」と
顔をしかめる方も多いし
小さな子どもを連れての旅行は周囲に迷惑・・・と心配や不安で
なかなか踏み切れない人も多いようだが、
英語もできない私にでも行けるのだから
ぶっちゃけ、環境が整えば
もっと気軽に、出かけることをお勧めしたい。

子どもは子どもなりに、感じることがあるだろうし
大人は大人で、日本以外の国での「子どもを見る目」に
気づきがあるのではないかと思う。

子連れだからといって
何でも許されると「傍若無人」にふるまうのはどうかと思うが
周囲に迷惑をかけない節度をもってすれば
楽しい時間がすごせるのではないかと。

今回の旅先はゴールドコースト。
たった5日間だが、
お目当ては「鯨」をみることと
「馬のショー」(←なぜか息子の楽しみ)だ。

子育て・仕事・・・・
普段、忙しいんだから、たまにはパーッと行きましょう。

「ためらわず~子連れ~たび~♪」

SONG BY はしけい
[PR]
by Win-WinProject | 2007-10-05 06:35 | 仕事×子育て=HAPPY PJ
静岡のアイセル21主催の講座で
福沢恵子さんの講演を聴く機会に恵まれた。

福沢恵子さんは
様々なメディアにご登場されているので
お名前とお顔は存じていたが
お話を聴くのは、初めてだった。

この日は
「思いをカタチに
  わたし流キャリアの作り方」
という演題で

・仕事をすることの意義
・働く女性を取り巻く現状
・女性のキャリアのエンパワメントのために
・エンパワメントを日常レベルに落とし込むために
・根とワークの5つの掟

という5つの柱を立てて
ご自身の経験や体験を元に
参考になるお話をたっぷり聞かせていただけた。

中でも、
日本において、どれだけ女性の時間的な負荷が
男性よりも大きいかというお話が印象に残った。

「女性=時間弱者」という観点からのお話だったが
諸外国と比較して
男性の家事・育児労働時間が少ない分、
女性は、職場でも家庭でも「働いている時間」が多く
その点において、弱者だというのだ。

そんな環境の中で
「男並みに働いたら女も認めてやる」という
罠にはまらないことや
「仕事に男も女もない」という詭弁に
だまされないことが大事だという。

陥りがちではないですか?
こうした罠。

わたしは、生真面目な性格もあって
「負けたくない」という気持が
ついつい身体と頭を支配して
気がつくと、追いつけ追い越せで
必死になってしまっている。

そこで、福沢さんに
「そういう罠に陥らないための秘訣は?」と
お尋ねすると・・・
こんな答えが返ってきた。

「いつも100%の力でやっていると
本当に力を発揮しなくてはならない時には
130%位の力が必要になり、その分負荷がかかる。
だから、自分が辛くない程度にエネルギーを
80%くらいに、いつも温存していく方がよい。
そして、ここだと言うときに100%の力を出す。
もちろん、わたしはいつも80%ですなどと
宣言する必要はないけれど。
いつも100%じゃなくていいんですよ」と。

また、女性の場合は
終身雇用が前提という意識が染み込んでいる男性と違って
特有の焦りがあり、
いわゆる「燃え尽き症候群」のような結果を
招くことも多いという。(最近は若い男性にも多いそうだが)

確かにそうだよなぁ。
人生の時間配分でみても
仕事場で100%発揮していたら
家庭では、上手に切り替えようと努力はしても
もうほとんど力は残っていないし
子供と向き合う気力や
夫とゆっくり話す気持も余裕も
なくなってしまうもの。

がんばり過ぎなくてもいいということを
福沢さんの見地から伺って
ストンと心に落ちた気がした。

これからは、上手くいかないときには
こんな風につぶやいてみよう。
「いつも100%じゃなくていいんだよ」とね。

BY はしけい
[PR]
by Win-WinProject | 2007-09-30 09:39 | 仕事×子育て=HAPPY PJ

求む★子育て系雑誌

トヨカナちゃん提案の
「求む30台雑誌」に関連してです。

まもなく40台の私・・・が、ここ1年くらい興味を持っているのが
「日経KIDSプラス」です。

教育系の雑誌の創刊ラッシュが落ち着き
プレジデントファミリー
AERA別冊 EDUなど・・・
「お受験」ものが多い中で
明らかに「日経KIDSプラス」はテイストが違う。

自然の中で、どんな風に子どもと関るかとか
夫婦のコミュニケーションと子育てという視点など
とても、好印象です。

夫婦で抵抗なく、楽しく読めるし
情報量も多いし
スタイリッシュだし
WMや、シングルマザーやファーザーなどの子育てについても
とてもフラットに取り扱っているので
心地よいのです。

私は、日経KIDSプラスの編集長の尾島さんに
是非、講演会などにお招きしたいと
胸に秘めているのですが・・・
これはなかなか実現しておりません。

というわけで、みなさん、子育て系の雑誌は
読んでますか?

BYはしけい
[PR]
by Win-WinProject | 2007-09-28 07:02 | 仕事×子育て=HAPPY PJ
yukoです。
約1ヶ月ぶりの更新となります。すみません。

さて、前回のはしけいさんの内容を受けて、何ができるか考えてみました。
 
私の場合は・・・

・時間の使い方
・ワーク&ライフバランス

う~ん、これ以上出てこない。
(少ない!!!)

数字やお金に関することは好きだし、興味もあるけれど
人前で話せるレベルかというと、どうかな・・・?


でも、「自分が講師になって話すとしたら何について語れるか」
を考えることは、とても有意義なことだと感じます。

自分のことを見つめなおすいい機会になるし、
「このことについてもっと掘り下げたい!」という気づきにもなるし。


自分の得意分野のたな卸し、オススメですよ!
[PR]
by Win-WinProject | 2007-05-30 23:13 | 仕事×子育て=HAPPY PJ