自分も皆も『Win×Win』 


by win-winproject
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:仕事×子育て=HAPPY PJ( 42 )

Win-WInカフェ 構想

東京で参加している、ワークショップをヒントに
静岡でも「Win-Winカフェ」なるものを
立ち上げたいと、考えている。

私達メンバーや、メンバーの知人に声をかけ
それぞれ得意の分野で、講師(ファシリテーター)となり
参加者同志が、課題を共有し
ともに考え、答えを導くヒントをさぐるような
学びの場をイメージしている。

何ができるだろうか・・・

私(はしけい)の場合、とりあえず、思いつくままに挙げてみると

・ワーク&ライフバランスについて
・伝え方、書き方系のおはなし
・人脈づくりのコツ
・ばら色の育児休業ライフ
・子連れ単身赴任
・話し方講座的なもの  なら、1時間程度は出来るかな?

さらに、友人・知人に声をかけ
講師をしていただくことも可能であろう。

みなさん、興味ありますか?

また、興味を持てそうな「お題」があったら
教えてください。

少人数からでも、始めたいです。
とにかく「行動」あるのみ。

通勤電車の中で、毎日、イメージしています。

BY はしけい
[PR]
by Win-WinProject | 2007-05-24 06:33 | 仕事×子育て=HAPPY PJ

草の根活動バンザイ!!

更新が、滞ってすみません。

週に一度は、メンバーの誰かが・・・という決まりなのに
非常に緩やかなルールのため、忙しいWMの私達、
なかなか、更新できておりません。

一行でも、二行でも
継続して、メッセージを届けたいという気持ちで
やっていきましょう、メンバーのみなさん!!

というわけで、いつも言いだしっぺの私が
責任をとって、今日は筆を取ります。

WMとして、是非、一度、そのオーラを浴びたかった
猪口前少子化担当大臣と、
WMのポータルサイトムギ畑のムギさんこと勝間和代さんの
対談に、参加してきました。

お二人の共著
猪口さん、なぜ少子化が問題なのですか?
猪口 邦子 / / ディスカヴァー・トゥエンティワン
スコア選択:


「猪口さん、なぜ少子化が問題なのですか?」の
出版を記念した講演会で、50名ほどが参加し
テレビカメラも2台ほど入っていました。

わずか一時間でしたが、気づきの多い有意義な時間でした。

そもそも、少子化解消のためには
社会の仕組み=長時間労働を強いられるような点などを
変えなくてはならないのですが・・・
これは、なかなか、私達個人には出来ることではなく、
では、私達に出来ることは・・・というと

「子どもっていいよ」
「子育てっておもしろいよ」と
草の根でもいいから、訴えていくことではないかと。
そんなことが、確認できました。

もちろん、子どものいない選択をされる方もいるし
願っても授からない方も、今は、数多くいます。

それは、承知の上で・・・
やはり、子どもを安心して産み育てられる社会の実現を
目指すべく、できることからやっていきたい。と思うのです。

なぜなら、子どもは、社会の宝だと思う。
そしてそれは、自分の子どもに限ったことではないから。

仕事と子育て、大変そうだな・・・とか
私には出来ないかも・・とか
漠然とした不安を抱えている人たちに
私達の経験を伝えることで、勇気を持って欲しい。

Win-Winの活動を、してきて良かった。

お二人の対談を聞きながら、あらためて思いました。

大きなイベントの予定などは、今の所ありませんが
そろそろ、何か・・・仕掛けを考えたいと思っています。

BY はしけい
[PR]
by Win-WinProject | 2007-05-23 06:53 | 仕事×子育て=HAPPY PJ

東京でもWin-WIn?

こちらのページではご無沙汰しています。
この夏から、東京勤務のはしけいです。

東京から、静岡を見てみると
いろいろな発見があります。

スピード、ライフスタイル、情報量、サービス・・・

ローカルのよさ、足りないこと
もう少し整理して、お話できたらいいなと思っています。

地元で得られなかったことで
東京で感じていることのひとつに
「女性」のたくましさがあります。

やはり、人口が多いからか?
子育てしながら、働いている女性が数多くいます。

静岡では、なかなか珍しかったのですが
同じような年齢の子供を抱えて
バリバリ働いている女性にも、結構、いらっしゃいます。

メディアに登場するような
「特別なワーキングマザー」の生活は
垣間見る場面もありますが
「等身大のワーキングマザー」って、
実はなかなかめぐり合えない・・と思っていたので
結構、学びが多いです。

そのうち、東京でも「win-win」ネットワークを広げている
自分をイメージしてみたりね。

BY はしけい
[PR]
by WIn-WInProject | 2006-09-06 06:37 | 仕事×子育て=HAPPY PJ
協働講座の選考を無事突破した
我らが「Win-Winプロジェクト」

日々、子育て・仕事に忙しいメンバーが
少ない時間を使って
今、講座の内容をつめています。

欲張りな私たち・・・
あれも、これもとついつい盛りだくさんになってしまいがちですが
今回は「女性の自立」のために、最も重要な要素となる
「夢」を確認していただけるような講座を企画しています。

静岡で、一般が参加できる講座としては
初登場かと思います。

皆さんに、日々、勇気を見出してもらえるような
素敵な「夢の地図」を・・・・

実現に向けて、みんな、張り切ってます!!

ちなみに・・・
講座の開催は、1月から2月にかけてになりそうです。


BY 銀座のOL はしけい
[PR]
by Win-WinProject | 2006-08-15 06:47 | 仕事×子育て=HAPPY PJ
もう2日経ちましたが、未だに余韻が残っているようで、
フワフワと体が浮いているような気持ちです。

私にとっては、昨年に続き2度目の参加。
今年は北海道から沖縄まで全国各地から1200名の方が集まっていたそうで、
ものすごい熱気に少し圧倒されました。

佐々木かをり氏(㈱イーウーマン社長)はもちろん、
茂木健一郎氏(脳科学者、NHK[プロフェッショナル」キャスター)
進藤奈邦子氏(世界保健機構(WHO)メディカルオフィサー)、
石倉洋子氏(一橋大学大学院 国際企業戦略研究科 教授)等、
著名な方々のお話を直接聞けたのですが
その中でエッセンスをいくつか。

★進藤奈邦子氏からのメッセージ
・以下のことを即実行すること。
 ①志高き友と交わり、
 ②とれる資格はなるべくたくさんとり、
 (手も足も頭も動かすこと、ラクして生きようと思ってはダメ。
  自分の自信につながる)
 ③魅力的な履歴書がつくれるようにし、
 (レポート、書籍等、形になるものを作成できればベター)
 ④適切な環境に移ることも時には大事
 (組織の部品の一部になっていないか、
  他にもっと自分を活かせる場所があるかも)
 ⑤求めよ、さらば与えられん 
 (会いたい人に、会社に、マメに足を運ぼう!
  あとで思い出してもらえる可能性あり)

・1人1人でできることは限られているが、これがネットワークとなり、
 つながっていけば大きなうねりとなる可能性があるのでは?

★石倉洋子氏が唱える5つの力
 ①現場力~自分の目で見て、確かめる
 ②表現力~自分の伝えたいことをいかにまとめるか、メッセージが明確か
 ③時間力~「時」に対する感度をみがくこと、チャンスは2度とないかも。
        見切りのタイミングの見極め
 ④当事者力~物事の中心は私、と思えるか?
          誰かが何とかしてくれるではなく、
          私が何とかしようと思う力をつけること
 ⑤直感力~本質を見極める力をつける


言葉にすると上記のとおりなのですが、やっぱり生で聞くのとでは迫力が違う!
(文章力がなくてすみません)

来年も、可能ならばまた参加したいと、心から思いました。

今年初めて参加した知人が、こう言っていました。
「いつか、あちら側に立って講師としてこの会議に参加したい」

なんて高い目標!と思いましたが・・・
どんな目標を持つかは、その人次第。
そして、実現したいと真剣に思えば、夢はかなうかもしれない。

目標が高ければ高いほど、実現したときの喜びも大きいですよね。

気づかせてくれた知人に感謝!
そして、彼女のような人たちに出会わせてくれるビジネス会議、万歳!!


yuko
[PR]
by Win-WinProject | 2006-07-17 17:07 | 仕事×子育て=HAPPY PJ
はしけいです。
最初に名前を書くのは初めてですね。

Win-Winプロジェクトは
国際女性ビジネス会議で繋がった
4人の発起人から、生まれた
静岡の(若手!!)女性のネットワークです。

ま、いろいろあったけど
年に一度の「国際女性ビジネス会議」に
行ってきました。

異動の衝撃から4日目に
この年に一度の会議があるというのも
また「縁」

たくさんのパワーをもらって
前向きな気持を抱いて
静岡に帰ってきましたよ。
(いやいや強がりではなくてホント)

会議では、日本の(いえ世界の)トップを走る
様々な方々の貴重なお話が聴けました。

今回は、メンバーでとっても「マメ」なyukoさんも一緒で
書き留めることは、彼女に全部(勝手に)お任せし
お話される方の目を、ずーっと見てました。

涙もでました。

一年ぶりにあった仲間は
東京で応援してくれると、言ってくれました。

こんなに嬉しかったのは、
初めてです。

とにかく、わたしのことを語って伝えて
わかったことがあります。

私の一番大切なものは
やっぱり「家族」なんですよ。

そして「家族」の幸せを創るのは
我が家においては、母親であり妻である私なんですね。

実は・・・
息子の足に、びっしりあせもができてしまって
昨夜は眠れませんでした。
(会議でドーパミン過多だったこともあって)

足を痒がり、何度も起きる息子を見て
気づいたんだよね。

もし・・・・・・(ありえない過去を肯定するのはスキじゃないけど)
いつもの私だったら
今週のはじめに、ぽつんとあせもが出来ていたのを見たら
小児科にいっていたと思う。うん、確実に。

そうはいっても、今週はあまりにも色々なことがあって
自分に余裕がなかったんだよね。

これはある意味、一番私にとって辛い現実で
そして、やっぱり思う。
私の幸せ=家族の幸せだってこと。

強がっているわけではなく
体験したことだから、自信をもって語れる。

食べられない・眠れない毎日だったけど
本当に眠れなかったのは
昨日なんだよね。

これは、忘れちゃいけないし
ここから学ぶことがあると思うし
だから、本音でみんなに伝えなくてはならない。

会議でも、何度も登場した
前に進むために必要な、自分の「安全基地」

私のそれは「家族」です。

痛い思いをしながら
ここを確かめながら
私は、やっぱり前に進むんです。

「安全基地」を確かめながら
「自分の幸せ=家族の幸せ」を追求すること。

それが生きるってことかなぁ・・・・・。

我ながら、今日はちょっと「深い」です。
眠りは「浅い」けど・・・。
[PR]
by Win-WinProject | 2006-07-16 06:51 | 仕事×子育て=HAPPY PJ

あきらめない勇気

こんな時に限って
ココログ(マイブログ)がメンテナンス中で、
自分の考えを整理すべき、思いをまとめることができない。

そこで
多くのワーキングマザーにとっても
私の直面している問題には、関心があるだろうと推定し
昨日に続いて、書かせていただこうと思う。

人事異動が発令された。
会社の内規によると
新幹線通勤を認められていない赴任地への異動である。

混乱のあまり、
涙と、感情の爆発を繰り返しながら
2日間を過ごした。

悔しくて、切なくて、
どんどん考えが後ろに向いて
私から笑顔が消えていった。

それは、どんな時も、どんなことも
笑って乗り越えてきた自分を自分で裏切る2日間だった。

そんな自分は、私らしくない。

1つだけ、わかったことがある。
私のために、共に考え、泣いてくれる
家族と同僚・友人がいるということ。

私のために、精一杯の対応をしてくれる
上司がいること。

乗り越えられるかどうかはわからない。

だけど、私のがんばり次第で
自分と家族のバランスを保つことが
出来るのであれば
今は、前に進もうと思う。

今の私には「辞めない理由」がある。

私は、静岡が好きだ。
テレビが好きだ。
ここで、私は、もっとやりたいことがある。

中学生の時から、憧れ続け
幾多の「不合格」を乗り越えて
一歩を踏み出したテレビの世界で

泣きながら毎日生放送に臨んだ新人アナ時代も

アナ出身の記者として、放送時間ギリギリまで駆け回った毎日も

妊娠で現場を離れることになり、一杯泣いたあの日も

それでもふんばり、大きなお腹を抱えながら
編成部で担当したPRキャンペーンも

育児休業から復帰して、連夜の睡眠不足と
母乳育児にへとへとになりながらも
CM進行班の責任者として
2年半、地道な作業に取り組んだ毎日も

私はあきらめなかった。

だから私は、これからも
あきらめずに「夢」を語り続けたい。

静岡県民と喜怒哀楽を共に出来る
そんな泥臭いソフトをいっぱい排出する
ローカルテレビ局の一員として、
たとえちっぽけなことでも
地元に貢献し続けたい。
地元に恩返しをすることが、私の夢であり、目標。

突きつけられた現実は
私にとっては、大きな試練だが
私は、私の譲れないものを忘れないようにしながら
それでも、前に進もう。

かき丸さん、
yukoさん、ブログをお読みの皆様、
ご心配かけました。

泣いてくれたいくまろちゃん、共感してくれたとよかなさん、
見守ってくれたすずちゃん、サンキュ。

こんな時にも、冷静に私を支え
これからやってくる試練に
一緒に立ち向かってくれる決意をした夫。

これからも
応援、よろしくお願いします。

私から笑顔が消えたらSOSのサインです。
助けてね。

え?Win-Winの活動どうするかって?
ははは。
やりますよ。ライフワークだもの。

基本は「マグロ体質」ですから。

BY はしけい
[PR]
by Win-WinProject | 2006-07-13 05:18 | 仕事×子育て=HAPPY PJ

「男性の育休」特集

以前、Win-Win主催の座談会で
ゲストとしてお招きした
経済産業省の山田課長補佐が
本日7/10(月)TBS系列 ニュース23
特集企画の中で紹介される予定です。

ニュースなので、事件や事故などで
変更になる可能性もありますが・・・

是非、みたいですね。


協働企画は、大詰めです。
かなり欲張った企画ではありますが
多くの方のご厚意で、予算は少ないものの
実現の可能性も充分。

今週14日が締め切りなので
週の初めには、完成し、メンバーに回覧します。


BYはしけい
[PR]
by Win-WinProject | 2006-07-10 07:14 | 仕事×子育て=HAPPY PJ
週に一日程度(繁忙期はもっと)
残業時に、保育園のお迎え・サポートをしてくださる
ファミリーサポートのKさん。

Kさんから、夫の誕生日を前に、
バースデーカードが届いた。

内容は・・・
誕生日に「時間」をプレゼントしますとのこと。
息子をサポートしている間に
なかなか少ない「夫婦時間」を楽しんで・・・という。

粋なプレゼントに、感動・・・である。

Kさんとの出会いはもう2年半前。

育児休業から復帰する際に
最も心配だったのが、急な残業。

自分で采配し切れず、、様々なトラブル対応など
急な残業になることが多い職場のため
以前から制度は知っていた「ファミサポ」を活用することになったのである。
(夫婦ともに、身内は近くにいないので)

とはいえ、全くの他人に
1歳になったばかりの息子を預ける・・・・
不安がいっぱいだった。

マンション4階のKさん宅を初めて訪ねた日のことは
今でも覚えている。
(Kさんも良く覚えているそう、私が不安な顔をしていたこと)

あれから早や2年半。
件のプレゼントが届くようなご縁を築けるまでになった。


仕事と子育て・・・・
そりゃあ、とっても忙しいけれど
溜め込む必要なんてない。
周りを巻き込んで、いろいろ教えてもらいながら
助けてもらって、やればいい。

そして、いつか・・・
自分が出来るときになったら
次の世代にお返しできたらいいんじゃないかな。
(もしくは、年齢を重ねる現在のサポーターの皆さんに)

仕事と子育てをしていたからこそ
巡り合えたご縁・・・大切にしていかなくては・・・。


Kさんの口癖。
「私たちがもっとおじい・おばあになったら頼むよ」

こんなユーモアたっぷりのお人柄に助けられ
何とかやっていけてる。

BY はしけい
[PR]
by Win-WinProject | 2006-07-03 07:15 | 仕事×子育て=HAPPY PJ

一通のメールから・・・

先日、座談会にお越しくださった
「山田課長補佐」との出会いは
一通のメールがきっかけだった。

3月のビジネスフォーラムで
ゲストとしてお招きした「おぐにあやこ」さんも
著書の感想をメールしたことから繋がった
ご縁だった。

毎朝のメールチェックで
迷惑メールの数々を確認するたびに
何となくイヤな気分になるが、
有意義な出会いと繋がるきっかけもまた
ネットによって増えたのも事実。

誠意をもって
心からのメッセージを送れば
繋がることもある。

そして、繋がった縁は
独り占めすることなく
同じように悩み、迷い、考えている
多くの仲間にも広げていきたい。

「ワーキングマザー界の正義の味方・アンパンマン」
私の夢。

次期企画にも、
一通のメールから生まれたご縁による
スペシャルゲストの登場の予感が・・・・

BY はしけい
[PR]
by WIn-WinProject | 2006-06-26 07:32 | 仕事×子育て=HAPPY PJ