「ほっ」と。キャンペーン

自分も皆も『Win×Win』 


by win-winproject
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

カテゴリ:タイムマネジメントUP PJ( 4 )

日経ウーマン10月号を買いました。

今回、私が注目した記事は、
「タイムマネジメント」に関すること。
最近、仕事がはかどらなくて、なんとかしないと、
と思っていた私を救ってくれるような内容でした。
(記事の内容を教えてくれたトヨカナさん、感謝!)


さっそく実行したことは・・・
①朝、出社したらTO・DOリストをつくる
②各仕事ごとに、投下時間の予測をする
(いつ、どのくらいの時間でこなすかの検討)
③電話は朝1番にする

特に、②はとても効果的!
今まで、今日仕上げたい仕事のリストアップはしていたけれど
「何分かけて仕上げるか」までは考えてはいませんでした。

今までは、あわただしく時間が過ぎていくものの、今日できなければ
明日以降にまわしている・・・というパターンが多かったかもしれません。

投下時間の予測をするようになってからは、
予定の時間が近づくと、仕上げようと集中するし、
無駄な時間がなくなりました。

おまけに、「このくらいの仕事なら○分でできるのか」と
新たな発見もできています。


今までの私に足りなかったことがわかって、とても満足しています!


yuko
[PR]
by Win-WinProject | 2006-09-25 12:55 | タイムマネジメントUP PJ

早めの仕上げが肝心!

7/24、もうすぐ4歳になる娘が急遽入院することになった。
病名は「喘息性気管支炎」。
体の酸素濃度が平均より薄かったため、入院した方がよい、
と判断されたらしい。

見た目には元気もあったので、まさか入院することになるとは思わず、
しかも初めてのことだったので動揺したが、木曜日には無事退院。
3泊4日で、初の入院生活は終了となった。
思ったほど長引かなくて、ほっとした。


今回の入院で、気づいたことがある。
それは・・・
「自分の危機管理の甘さ」。

娘はまだ小さいため、24時間の付き添いが必要。
本当は、なるべく私が付き添ってあげたかった。
娘もそれを望んでいるのがわかったし、私もそうしたかった。
でも、できなかった。

なぜか?
それは、私が、期限のせまった仕事をかかえていたからである。

毎日の泊まりと、時間が許す限りの付き添いはしたけれど、
病室に仕事を持ち込んだり、本当に綱渡りの状況だった。

やろうと思えば、もっと前倒しで仕事ができたはず。
どうして早めに仕上げておかなかったのか。
こんなやり方、働く母親として失格だ。

・・・病室で娘と過ごしながら、そんなことを繰り返し考えていた。

幸い、付き添いは家族に、仕事は職場の仲間に協力してもらうことができ
入院生活は何とか乗り切ることができた。
でも、今回のことで、つくづく思い知らされた。
「何事も、早め早めに仕上げておくことが肝心だ」と。

当たり前のことだけど、忘れがちになること。

再認識させてくれた娘に、とても感謝している。

今回の教訓をいかして、今日から実行しよう。
何事も前倒しでできるよう、努力しよう!


yuko
[PR]
by Win-WinProject | 2006-07-30 16:37 | タイムマネジメントUP PJ

当日まで、あと43日!

昨日が締め切りの、法律関係の検定試験に、ギリギリで申し込みをしました。

もともと、「合格する」という明確な目標が持てる検定試験が好きで、
妊娠前は、仕事に関係あるなしにかかわらず、ちょくちょく受験していた私。

でも、今回は、出産後ひさびさの試験。
受けようかどうしようか、1ヶ月ほど前からずっと迷っていたのですが
「迷うなら前に進もう!」と、申し込みを決めました。

こうしてブログで宣言したからには、何がなんでも勉強しなくては!
(と言っても、テキストもまだ10ページくらいしか見てないのですが・・・)

勉強時間をどうやってひねりだすか、真剣に考えなくては。
明日のアイセルでのイベントが終わったら、本格的にエンジンをかけよう。

試験日は、約1ヶ月半後の、7/2です。


yuko
[PR]
by Win-WinProject | 2006-05-20 08:52 | タイムマネジメントUP PJ
朝日新聞記者である竹信三恵子さんの講演会に出席してきました。

女性・男性にとらわれない、人間としての持続可能な働きかたや、社会政策のあるべき方向を模索し、記事にして全国に発信されている方です。

竹信さん自身お子さんを持つワーキングマザーで、お話の内容にはご自分の具体例もあり、とても楽しい90分でした。


講演の内容では、個人的には以下のことに興味を持ちました。
・「自分史」をつけてみよう
  自分は何が得意だったのか、どういう人間なのか、の整理。
  何が自分に向いているのか?の気づきになる。  
・「未来年表」をつける
  10年後の自分がどうなっていたいのか?
  そこから、今、何をすることが必要かをさぐる。
・「24時間手帳」をつけてみる
  自分自身の時間管理をしてみる。
  何に時間が割かれているのか、が見えてくる。
  無駄な時間はどこか?
  家族に割り振れることは、ないか?
・出会いの場をつくる
  なりたいものになっている人との出会いの場を広く、多くつくる。
・「勝ち癖」をつける
  まず、絶対に負けないことから始める。
  「勝つ」ことのイメージができてくる。
・がんばりすぎない!
  他人に必要とされるより自分が必要なことをする。
  自分の価値は自分で決めよう。他人からの評価ではなく。
  自分がコーディネーターになり、様々な助力を使おう。
  (ただし、お返しもお忘れなく!)
・棺おけの中にいる自分の人生観
  迷ったら、棺おけの中にいる自分を想像しよう。
  その自分が、後悔していないか?


私自身、タイムマネジメントにとても興味があるので、
「24時間手帳」は、今日にでも始めてみようと思いました。
早起きして、自分の時間を作り出そう!
家庭内で、家族に割りふれる家事は遊び心でやってもらおう!

さっそく実行しなくっちゃ。

by yuko
[PR]
by win-winproject | 2006-03-26 10:34 | タイムマネジメントUP PJ