自分も皆も『Win×Win』 


by win-winproject
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:子供に夢を!私も夢を!PJ( 9 )

いよいよ明日ですね。
自分の夢がどんなふうに映像化されるのか、 とても楽しみにしています。

ところで、作成のための準備は進んでいますか?

この2週間で私がしたことは・・・

・好きな写真を集める(家族、友人等)
・写真のカラーコピーをとる
 あるいはプリントアウトする
・好きな雑誌のカラーコピーととる
・雑誌の気になるページをチェックしておく
 (憧れの人物や場所、やってみたいことがのっているページ)
・どんな配置にしようか、新聞を広げた上に上記のものを並べてみる
・どんなコメントをいれようかイメージする
・気に入った色のペンとはさみ購入

こんなところでしょうか。

本当は、旅行のパンフレットを集めたり
気に入ったコメントを印刷したりしたかったのですが・・・

でも、自分なりにはいろんな材料が集められたかな。
(当日の朝まではねばって集めるつもりですが)

あとは、当日の自分のインスピレーションにまかせて
夢の地図をつくるつもりです。

集めたものはすべて持っていくので、
大荷物で会場入りすることになるかも!です。

yuko
[PR]
by Win-WinProject | 2007-02-02 06:42 | 子供に夢を!私も夢を!PJ
自分の夢を、こんなに真剣に考えたのは、初めてでした。

そして、夢を語ることがこんなに楽しいということにも、初めて気づきました。

講座の最中にあった
「自分が考える一番でっかい夢は?」

という質問に、思わず
「秋田稲美さんのようになること!」
と言ってしまった自分の言葉にすこし驚きましたが・・・

でも「根拠・裏づけのない夢」でも、
オナカの自分がそれを信じていれば、必ずかなうものなんですって!
素敵ですよね。

途中、主催者という立場を忘れて完全に「参加者」になってしまい
興奮状態におちいっていました。

2週間後、私はどんなドリームマップを作り上げるのかな。

今、とてもワクワクした気持ちです!


yuko
[PR]
by Win-WinProject | 2007-01-21 09:15 | 子供に夢を!私も夢を!PJ
f0082137_22265310.jpg
ドリームマップ、初日、無事終えました。
講師の秋田稲美さんのお話に
会場に集まった皆さん
長丁場にも関らず、真剣!!!!

主催者として、皆様の熱意と笑顔に
感極まる場面も、正直ございました。

初日の写真報告です。BY はしけい
f0082137_2227969.jpg

[PR]
by Win-WinProject | 2007-01-20 22:27 | 子供に夢を!私も夢を!PJ
ドリームマップ研修開催の日が、いよいよ近づいてきましたね。

なんだか、とてもドキドキ、そしてワクワクしています。

自分の今までの人生をたな卸しして
その上で、なりたい自分がイメージできるのって
どんな感じなんだろう・・・

そもそも、自分の夢が漠然としていて
方向性が定まっていない状態なので、
ドリームマップを作成することで
自分の向きたい方向がはっきりするのではないかな、と
とても期待しています。

土曜日がとても楽しみです!


yuko
[PR]
by Win-WinProject | 2007-01-17 06:44 | 子供に夢を!私も夢を!PJ

まもなく募集開始です!

いよいよ、週明けの月曜日(12/11)から
秋田稲美さんの講座の募集が開始されます。

主催者の私達も、
ドリームマップの作成ができることを、
そして何より、あの秋田さんのお話が直接うかがえることを
とてもとても楽しみにしています!

みなさん!
ご自分のお気に入りの写真や憧れの人の雑誌の切り抜きなどを準備して
講座に出席してくださいね!!


12/11(月)の正午から、電話またはFAXにての受付です。
電話(054)248-7330  FAX(054)246-7833


yuko
[PR]
by Win-WinProject | 2006-12-06 10:12 | 子供に夢を!私も夢を!PJ
静岡市女性会館との協働講座、
まもなく募集開始です。

タイトルは「ドリームマップで夢をつかもう」~3年後なりたい自分になるために~

講師には、株式会社エムズの代表取締役社長
秋田稲美さん
をお招きする予定である。

応募開始は12月11日正午からで、電話かFAXでの受付です。
先着30名ですので、お早めに。

日時 2007年1月20日,2月3日(2回とも参加を)  
                両日とも10時~16時 
場所    静岡市女性会館 アイセル21
参加費  2100円(教材費)
対象者  20代から40台女性 30名(子育て中の方大歓迎)
 
申込み方法
 2006年12月11日正午~電話で 先着30名のみ
(託児も先着順になります)
(担当)NPO法人男女共同参画フォーラムしずおか
   TEL 054-248-7330 

時間のあるときに、もう少し詳しい内容などUPします。

BYはしけい
[PR]
by Win-WinProject | 2006-10-07 07:12 | 子供に夢を!私も夢を!PJ
無事に上映会&講演会が終わり、
来ていただいたみな様、本当にありがとうございました。
いかかでしたでしょうか。

私の感想をすこしだけ。

土堤内さんの講演はとてもわかりやすくて面白く、
あっというまに時間が過ぎてしまった。

「パパの子育て」というより、子供を育てた先輩として
いろいろ教えていただいた気がする。
頭の中でもやもやしていることを、
土堤内さんがはっきりと、言葉にしてくれた。

「子供は出来る能力をもって生まれてくるので
適切な時期にサポートしてあげればいい。」
「子供は促成栽培ではだめ。
ゆっくり育てることが大切。その子のペースにあわせて」

などなど。
具体的な例を出しながら、
わかってはいるけれど、ついつい忘れてしまいそうな
大切なことを。


実は講演を聴いていて、
ある話になったとき思わず涙がこぼれた瞬間があった。
マラソンの話をされたときだ。
土堤内さんは50才の節目の時期に、昔からの夢だった
フルマラソン完走を成し遂げた。
そして

「私が子育てを通じて子供に最終的に伝えたいこと・・・
 夢は実現してこそ夢だ。
 夢に向かって進んでいるときが人生で一番いいとき。
 『さあ人生の一番いいときを始めよう』」
 

私事だが、そのとき自分の父を思い出していた。
実は私の父は50才を過ぎてマラソンを初め、
フルマラソンを2度も完走している。
どうして老体に鞭打ってそんなことをするんだろう
不思議で仕方がなかった。

もしかして父も夢をかなえたかったのではないか。
その姿を私達子供に見せたかったのではないか。
そして、わたしちにも・・・
その父の思いがすこしわかった気がした。


いい親になろうとは思わない。
自分が手本になろうとも思わない。
けど、
子供が自分の足で人生を踏み出す時に、
親である自分も『人生で一番いいとき』
を送っていたいと思う。


講演に感動した私は、土堤内さんの本を購入。
育児で行き詰ったときこの本をよんで
大切なことを思い出したいと思う。

そうだ
トイレにでも置いておこっかなぁ。
だんなも読むかもしれないから・・・

SUZU
[PR]
by Win-WinProject | 2006-05-22 14:40 | 子供に夢を!私も夢を!PJ

娘の誕生日

ここのところご無沙汰しております

実は、ある韓国ドラマにはまってしまって・・・
面白いドラマにはまると飽きるまで何度も何度も
繰り返してみてしまう習性がある私。

この2週間は、家に帰ってもすぐDVD゙のスイッチを入れ
家事をそっちのけでドラマの世界に入り込んでいた。
う~ん幸せな時間

ちなみにそのドラマは
「私の名前はキム・サムスン」
去年韓国で大ヒットしたドラマだ。
興味のある方はどうぞ!

私がドラマにハマる要素は一つだけ。
登場人物のキャラだ。
男女問わず役柄に魅力があると、一話目からどっぶりハマってしまう。
(特に男が多いが。今回に限っては女。)
それに加えて、映像と音楽がさらに盛り上げてくれる。

私は2年前から韓流に溺れているが、
韓国ドラマに一番ハマった原因は役者だと思う。
日本人と姿かたちは変わらないのに表現力が豊か。
言葉がわからないから、台詞の言い回しとかはわからないが、
表情から伝わってくるものが多い。
魂の叫びというか・・・

表現力が豊かな役者に、それを引き立てる演出。
日本みたいに時間にとらわれないからこそ
生み出される、ドラマの中の空間。
伝わってくるスタッフの情熱。
たまらない。

・・・というわけで、ご無沙汰しておりました。
長い前置きですみません。

話はがらっと変わりまして・・・

実はもうすぐ娘の3才の誕生日。
日ごろ娘に何もしてやっていないので、
なにかしてあげようと計画を練ってみた。

大好きなチョコレートケーキを用意し
大好きなシールをプレゼントし、
ホワイトボードに大好きな絵を描いて
折り紙で飾り付けして
記念写真をとって・・・

そこで一つ妙案が浮かんだ。
3日坊主の私に続けられるかわからないが・・

毎年誕生日に、娘の夢を聞いてビデオに残そう!
そして、20歳の誕生日にそれをプレゼントしよう。
子供のときのほうが、自由に夢を見られる。
それを大事にしてあげよう。

我ながらいいアイデアだと思うが
アルバムも満足に作っていない私にできるだろうか・・・

まずはビデオから買わなくちゃ!!
今年の誕生日は高くつきそうだ。

suzu
[PR]
by Win-WinProject | 2006-04-27 16:04 | 子供に夢を!私も夢を!PJ

夢に向かって!


私は今、何に向かって生きているのだろう。
何を目指して生きているのだろう。

ふとそう思うことがある。

正月に神社に行ってお祈りすることは決まっている。
「家族が一年元気に平和に暮らせますように」

今は子供が無事に大きくなることが一番の願い。
でも、自分の喜びを子供に託したくはない。
子供の負担になりたくはない。

先日60過ぎの父が言った。
「この年になって、周りを見渡してみると、
若い頃の夢を現実にしている人って
結構いるんだよ。」

どういうつもりで私にその話をしたのかはわからない。
その友人達がうらやましいことをただ言いたかったのか
お前は自分みたいな思いをするなよと言いたかったのか

しかし、その言葉は胸をついた。

わたしの夢は・・・

子供の頃に本当になりたかったのは「宇宙飛行士」
けれど現実的な私は、それに向けて努力することもなくあきらめた。
周りの人にも、「教師」になりたいと現実的なことを言った。

少し大きくなってなりたかったのは「舞台女優」。
それも無理だとどこかで諦めていた。

もともと夢というのはかなえられなくて当然だと思っていた。
「夢」=「虚像」なんだから。

だから父の話にドキッとしたのだ。


たった一代で会社を大きくしたある社長の言葉を思い出す。
成功した秘訣は?という問いに
「成功するまでやっただけです」

とても説得力のある言葉だった。

結局は諦めたら負けなのだ。


現在32歳。
今の私の夢・・・
まだまだ非現実的すぎて恥ずかしくて人には言えないが
今回は諦めないで進んでみようかなぁ

子供に示すためにも・・・


SUZU
[PR]
by Win-WinProject | 2006-04-06 14:06 | 子供に夢を!私も夢を!PJ