自分も皆も『Win×Win』 


by win-winproject
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2006年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

一通のメールから・・・

先日、座談会にお越しくださった
「山田課長補佐」との出会いは
一通のメールがきっかけだった。

3月のビジネスフォーラムで
ゲストとしてお招きした「おぐにあやこ」さんも
著書の感想をメールしたことから繋がった
ご縁だった。

毎朝のメールチェックで
迷惑メールの数々を確認するたびに
何となくイヤな気分になるが、
有意義な出会いと繋がるきっかけもまた
ネットによって増えたのも事実。

誠意をもって
心からのメッセージを送れば
繋がることもある。

そして、繋がった縁は
独り占めすることなく
同じように悩み、迷い、考えている
多くの仲間にも広げていきたい。

「ワーキングマザー界の正義の味方・アンパンマン」
私の夢。

次期企画にも、
一通のメールから生まれたご縁による
スペシャルゲストの登場の予感が・・・・

BY はしけい
[PR]
by WIn-WinProject | 2006-06-26 07:32 | 仕事×子育て=HAPPY PJ

残念!

みなさん、ブラジル戦、見ましたか?
私は、AM4:00起きで、何とか観戦できました。
結果、残念でしたね。
「奇跡が起こるかも」とわずかながら期待していたのですが・・・。

FWが決定力不足だなとか
実力を発揮できていなかったのかなとか
素人なりにも思うことはいろいろありますが・・・

がんばったことに変わりはないはず。

月並みですが・・・
感動をありがとう。

今回の悔しさをバネに、成長した姿が見られることを信じています。


yuko
[PR]
by Win-WinProject | 2006-06-23 07:52 | その他

小学校の壁

あるワーキングマザーのブログにとても共感した。

今はプー太郎主婦なのであまりえらそうなことはいえないが・・
確かに壁は感じている。
保育園は、18時30分まで預かってくれた。
仕事の都合で、19時まで預かってもらうなどの融通も利いてくれた。
しかし、小学校へ上がったら学童保育は18時ジャストまで・・
時間を過ぎると締め出しを食らってしまう。

入学前の準備もとても大変だった。
準備するものの多さとおはじき一枚までの記名。
毎晩、そして土日でこなすのがやっとだった。
学校が始まったあとも保護者会と称して呼び出されるのもシバシバ。
保育園と違って、業務的にこなす教師。
一人一人にかまってはいられないのだ。
1年生にして、音読、数字カード、プリントの数々、毎日の宿題。
当たり前だが、親に求めることがとても増える。
親がきちんと勉強を教えるのが当たり前なのである。
っと共に子供の成長により、言うことを聞かなくなる。
より深刻化する友達や上級生との関わり。

保育園ののんびりさと一変して、
子供を叱らない日はない。
毎日が手いっぱいである。
仕事に就いていないのに、
これで仕事に復帰できるのだろうか?と真剣に考えてしまう。

今日も保護者会へ行ってきた。
教師からの親への数々のお願いは、脅迫めいて聞こえた。

毎日、音読しないとボキャブラリーに差がでます。
毎日、数字カードは1分以内にできるようにトレーニングしてください。
ひらがなは殆どの子が未就学時にマスターしてます。
できないのは、数人です。
簡単なたしざん・ひきざんは反復練習してください。
夏休み以降に大きな差となり、大変なのはお子さんです。

1年生の教師は大変だと思う。
しかし・・・

保護者会後、そう感じたのは、私だけではなかったようだ。

教師がどんな言葉で説明しようが、
しかし、きっとこれが現実だ。
これが、親子が最初に体験する学校社会というものかもしれない。

今が、正念場かもしれない。
前に進むしかない。
きっと今に慣れて当たり前の生活になるさ。きっと・・
しかし、少なくとも私の仕事復帰への道のりは、
精神的にもかなり厳しいことを実感した。

by あらき
[PR]
by win-winproject | 2006-06-22 20:18
山田正人氏を囲んでの座談会に出席してくださった皆様、ありがとうございました。
そして何より、山田さん、有意義な時間を過ごさせていただいたこと、
大変感謝しております。

私にとっては、何気なく言われた上記の言葉が、とても心に響ききました。

3人目の妊娠を素直に喜ばなかった奥さんとの意識の違いに気づき
奥さんとの隔たりを埋めようと、休暇を選んだとのこと。

山田さんにとっては、ごく自然なことだったのかもしれません。
でも、世の男性たちは、なかなかそこまで思わないのが現実。
思わず、大きな拍手をおくりたくなりました!

「現在、男女共同参画が叫ばれていますが、家庭の中での
 家事・育児が男女共同にならないと、少子化はとめられないのでは。
 男女の役割を、固定観念としてとらえてはダメ。
 男性の育児参加・職場での残業規制が、少子化の根本的な
 解決策になるのでは。」
と言われた言葉が、印象に残りました。

さて、参加者の皆様は、どんな印象を持たれたでしょうか?
内容のこと、もっとこうした方がよかった等、何でもかまいません。
下記のアドレスまで感想をいただけるとうれしいです。

Win-WinProject@excite.co.jp


yuko
[PR]
by Win-WinProject | 2006-06-18 10:15 | 仕事×子育て=HAPPY PJ
f0082137_8323235.jpg
1年間の育児休業を取得し
昨秋、職場復帰したキャリア官僚・経済産業省の山田課長補佐。

一通のメールからご縁が生まれ、Win-Winプロジェクトでは、昨日、
山田課長補佐を囲んでの会を、無事開催することが出来ました。

仕事と子育ての良好な関係
男性の子育て経験の活かし方
共働き夫婦のコミュニケーション・・・

皆様の生活の中で、何かヒントが見つかりましたら幸いです。

参加の皆様で、感想などありましたら
どうぞ、メールで・・・・。
Win-WinProject@excite.co.jp
f0082137_8324444.jpg

[PR]
by Win-WinProject | 2006-06-18 08:20 | 仕事×子育て=HAPPY PJ
次回の企画立案は
「女性の自立」についての講座開催

必要なものを挙げてみると・・・

HEALTH
BEAUTY
CAREER
MONEY
HOBBY
DREAM
COMMUNICATION SKILL

この人の話を聴きたい!!と言う視点では・・・

吉岡マコさん
松尾紀子さん
行正り香さん
秋田稲美さん(ドリームマップ)
黒川伊保子さん
和田清華さん

講座のタイトル・スタイルでは

「共働き家庭のマネープラン」
「スピード手作りごはん」
「二人目どうする?」
「マドレボニータ 静岡上陸」
「親子ヨガ」
「子連れ旅行に行こう」
「アロマでリラックス」
「親子でクラッシック」
「オリジナルコンサート」
「ドリームマップを作ろう」
「親子コーチング」

ところで、対象は?

・働く女性
・母親全般
・ワーキングマザーとその予備軍


私たちらしい企画を立案し、プレゼンしたいものですね。

気になるものを、各自でリサーチしながら
探ってみましょう。

BY はしけい
[PR]
by Win-WInProject | 2006-06-12 06:18 | その他

気になる記事が、今日の静岡新聞の朝刊に掲載されていました。

タイトルに興味をひかれた方は、こちらをご覧下さい。
(参考までに、紙面では、もう少し詳しく記載されていました)



yuko
[PR]
by Win-WinProject | 2006-06-10 22:45 | 仕事×子育て=HAPPY PJ

働くことの意味


あらきさんからの投げかけを受けて、ここ2~3日、ずっと考えていました。

どうしてだろう。

そして、自分なりに出た答えは2つ。

1つ目は、やはり何といっても経済力。
1年の育児休暇中、自分のお給料が何もない状態で生活して
大黒柱が1本ではつらい、と実感しました。
1人目の子だったし、新たに必要なものも結構あるので
支出がかさんだ、という理由もあるかもしれません。
でも、夫のお給料だけでやっていくのは心もとないのです・・・。
(私は、やりくりベタなのかも!)

でも、2つ目の理由の方がウェイトが大きいかな。
「自己実現したいから」、これがもうひとつの理由。

家庭以外のところで自分が認められたい、必要とされたい。
そして仕事からも充実感を得たい。
家庭も仕事も、私にはかけがえないものなのです。


男性に同じ質問をしたら、何と答えるのだろう。
ふと、そんなことを思いました。


yuko
[PR]
by Win-WinProject | 2006-06-10 07:18 | 仕事×子育て=HAPPY PJ

どうして働くの?


私は、今までどうして働くのか。という理由を考えたことがなかった。
働くことに理由はいらないのかもしれない。
しかし、ふと休んでみるとどうしてだろうっと思えてきた。
皆さんはどうして働いていらっしゃるのでしょうか?
何かHintを教えてください。

by araki
[PR]
by win-winproject | 2006-06-08 08:40

誰にでも平等な 24時間

誰か。悩めるヒツジに救いの手を・・・・・

ワタシ、早起きが したいんです。
だけど、どうしても早起きが できないんです。

朝起きて、保育園送っていって、会社に行って、
帰ってきたら ばあばっ家にお迎えに行って、ちょっと遊んで、
大人はご飯を食べて、お風呂に入れて、
ちょっと遊んで、ねんねさせる。

だいだい9時30分。
んで。そのまま一緒に寝ちゃうんです・・・朝まで。ぐうぐう・・・

どうしたらいいのでしょう?

朝起きて、自己嫌悪。 ああ、また寝てしまった。 ああ、また起きれなかった。
寝かしつけたら、ワタシは起きなきゃ!と
ココロに強く決めても、起きれない。
朝早くの目覚まし時計(5時30分セット)だって無視しちゃう。
不毛な自己嫌悪の繰り返しを もう4ヶ月・・・涙。涙。

いつ、毎日積み重なっていく家のことをやればいいの~
(もちろん、掃除など大きい家事は休日です)

いつ、自分の時間を持てばいいの~
(シゴトを持ち帰っても、まるで“荷物を”持ち運んでるだけじゃん・・・)
(テレビも新聞もニュースも見てないのよ)

余裕、とか、ゆとり、とか、今はそんな贅沢な時間は持てないのは分かってるけど、
毎日子どもといっしょにバタンキューじゃ、あまりにも ・・・むなしい。

ひとりでもくもくと作業をする時間を 持ちたい。
自分のなかに、自分の時間をとりもどさなきゃ。
朝、早く起きるしかない!

なのに。
ワタシってなんて意志が弱いの。 なんて強い睡眠欲!

考えてみれば、授乳が終わってから、爆睡するようになっちゃったかな。
授乳期は、夜中、早朝とかに求めるので、ちょちょっとあげて、
気が向いたらそのまま起きて、もくもく時間をもつことができた。
本来、睡眠欲がいちばん強い体質のワタシ。
授乳中、細切れ睡眠でも、よく耐えられるなぁ、すごいぞ自分。と思っていた。

終わったとたん、これだもの。
え~。これも、ホルモンバランスのせいかな。
って、ホルモンのせいにするなよ、ジブン。

お願いします。
ワタシに、早起きができる方法を、教えてください。
もうそろそろ、早起きができないと、一生できないような気がします。

ただでさえ、時間に追われた生活です。
朝、ほんの少しでも 自分のための時間を持ちたい。
そうすると、子どもにも、ダンナにも、良いコト、あるよね。

人間は太陽の光で目覚め、リセットされる、と聞き(早寝早起き朝ごはん運動)
早朝、まぶしい光が入るところで、寝ています。
早起きは、決心、ココロだけの、問題なのでしょうか…涙

BYトヨカナ
[PR]
by Win-WinProject | 2006-06-08 06:32