自分も皆も『Win×Win』 


by win-winproject
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2006年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

早めの仕上げが肝心!

7/24、もうすぐ4歳になる娘が急遽入院することになった。
病名は「喘息性気管支炎」。
体の酸素濃度が平均より薄かったため、入院した方がよい、
と判断されたらしい。

見た目には元気もあったので、まさか入院することになるとは思わず、
しかも初めてのことだったので動揺したが、木曜日には無事退院。
3泊4日で、初の入院生活は終了となった。
思ったほど長引かなくて、ほっとした。


今回の入院で、気づいたことがある。
それは・・・
「自分の危機管理の甘さ」。

娘はまだ小さいため、24時間の付き添いが必要。
本当は、なるべく私が付き添ってあげたかった。
娘もそれを望んでいるのがわかったし、私もそうしたかった。
でも、できなかった。

なぜか?
それは、私が、期限のせまった仕事をかかえていたからである。

毎日の泊まりと、時間が許す限りの付き添いはしたけれど、
病室に仕事を持ち込んだり、本当に綱渡りの状況だった。

やろうと思えば、もっと前倒しで仕事ができたはず。
どうして早めに仕上げておかなかったのか。
こんなやり方、働く母親として失格だ。

・・・病室で娘と過ごしながら、そんなことを繰り返し考えていた。

幸い、付き添いは家族に、仕事は職場の仲間に協力してもらうことができ
入院生活は何とか乗り切ることができた。
でも、今回のことで、つくづく思い知らされた。
「何事も、早め早めに仕上げておくことが肝心だ」と。

当たり前のことだけど、忘れがちになること。

再認識させてくれた娘に、とても感謝している。

今回の教訓をいかして、今日から実行しよう。
何事も前倒しでできるよう、努力しよう!


yuko
[PR]
by Win-WinProject | 2006-07-30 16:37 | タイムマネジメントUP PJ

協働講座コンペにトライ

静岡市女性会館が公募した協働講座企画。
選ばれた団体には、
10万円の支援や広報などの協力が得られるということで
わが「Win-Win」も企画を練りあげ応募しました。

昨日は、その面接がありました。

メンバーのうち3人が、有休などを取って臨みましたが
面接ではおよそ5分のプレゼンと10分の質疑応答があり
元アナのはしけいが、伝えたいことを早口でまくし立て!?
何とか終了。結果を待つだけです。

月曜日には、選考結果が郵送されますので
8月1日には、このブログでもお知らせできるかなと。

提案した企画は、いずれも首都圏でも人気の高い講座で
実現したら、本当に皆さんを幸せにできます!!!

朗報が届くことを期待しつつ
万が一、選に漏れても
絶対、実現する!!と固く心に誓う私でした。

そうそう、私、はしけい。
8月1日より、仕事場所が東京になります。
東京でネットワークを構築し
静岡にもフィードバックできますよう
努めますので・・・応援よろしくお願いします。

BY はしけい
[PR]
by Win-WinProject | 2006-07-29 13:32 | その他
あの「夢ある」の和田清華さんが
静岡に22日の土曜日にやってきて
講演をしてくださいます。

和田さんといえば
人が夢に少しでも近づけるようにと
東京でさまざまな講演を開いている女性です。

二児の母でありつつ
仕事と家庭とうまく
バランスをとりつつがんばっている女性。

私はたまたま故郷が富山という共通点が
あり、数年前に東京で少しだけ
話をさせていただきましたが、
やんわりとした雰囲気の中にも
人を引っ張っていく強さのようなものを感じました。
その夢はいつやるんですか?―ユメアル自分を元気にする本
和田 清華 / ゴマブックス
ISBN : 4777101436
スコア選択:





母であり、女であり、
仕事のプロでもある和田さんに前向きに生きるヒント、
パワーをもらえるのではないかと期待してます。

詳しくは考動研究会まで
[PR]
by Win-WinProject | 2006-07-19 21:30 | 元気を生み出すPJ
もう2日経ちましたが、未だに余韻が残っているようで、
フワフワと体が浮いているような気持ちです。

私にとっては、昨年に続き2度目の参加。
今年は北海道から沖縄まで全国各地から1200名の方が集まっていたそうで、
ものすごい熱気に少し圧倒されました。

佐々木かをり氏(㈱イーウーマン社長)はもちろん、
茂木健一郎氏(脳科学者、NHK[プロフェッショナル」キャスター)
進藤奈邦子氏(世界保健機構(WHO)メディカルオフィサー)、
石倉洋子氏(一橋大学大学院 国際企業戦略研究科 教授)等、
著名な方々のお話を直接聞けたのですが
その中でエッセンスをいくつか。

★進藤奈邦子氏からのメッセージ
・以下のことを即実行すること。
 ①志高き友と交わり、
 ②とれる資格はなるべくたくさんとり、
 (手も足も頭も動かすこと、ラクして生きようと思ってはダメ。
  自分の自信につながる)
 ③魅力的な履歴書がつくれるようにし、
 (レポート、書籍等、形になるものを作成できればベター)
 ④適切な環境に移ることも時には大事
 (組織の部品の一部になっていないか、
  他にもっと自分を活かせる場所があるかも)
 ⑤求めよ、さらば与えられん 
 (会いたい人に、会社に、マメに足を運ぼう!
  あとで思い出してもらえる可能性あり)

・1人1人でできることは限られているが、これがネットワークとなり、
 つながっていけば大きなうねりとなる可能性があるのでは?

★石倉洋子氏が唱える5つの力
 ①現場力~自分の目で見て、確かめる
 ②表現力~自分の伝えたいことをいかにまとめるか、メッセージが明確か
 ③時間力~「時」に対する感度をみがくこと、チャンスは2度とないかも。
        見切りのタイミングの見極め
 ④当事者力~物事の中心は私、と思えるか?
          誰かが何とかしてくれるではなく、
          私が何とかしようと思う力をつけること
 ⑤直感力~本質を見極める力をつける


言葉にすると上記のとおりなのですが、やっぱり生で聞くのとでは迫力が違う!
(文章力がなくてすみません)

来年も、可能ならばまた参加したいと、心から思いました。

今年初めて参加した知人が、こう言っていました。
「いつか、あちら側に立って講師としてこの会議に参加したい」

なんて高い目標!と思いましたが・・・
どんな目標を持つかは、その人次第。
そして、実現したいと真剣に思えば、夢はかなうかもしれない。

目標が高ければ高いほど、実現したときの喜びも大きいですよね。

気づかせてくれた知人に感謝!
そして、彼女のような人たちに出会わせてくれるビジネス会議、万歳!!


yuko
[PR]
by Win-WinProject | 2006-07-17 17:07 | 仕事×子育て=HAPPY PJ
はしけいです。
最初に名前を書くのは初めてですね。

Win-Winプロジェクトは
国際女性ビジネス会議で繋がった
4人の発起人から、生まれた
静岡の(若手!!)女性のネットワークです。

ま、いろいろあったけど
年に一度の「国際女性ビジネス会議」に
行ってきました。

異動の衝撃から4日目に
この年に一度の会議があるというのも
また「縁」

たくさんのパワーをもらって
前向きな気持を抱いて
静岡に帰ってきましたよ。
(いやいや強がりではなくてホント)

会議では、日本の(いえ世界の)トップを走る
様々な方々の貴重なお話が聴けました。

今回は、メンバーでとっても「マメ」なyukoさんも一緒で
書き留めることは、彼女に全部(勝手に)お任せし
お話される方の目を、ずーっと見てました。

涙もでました。

一年ぶりにあった仲間は
東京で応援してくれると、言ってくれました。

こんなに嬉しかったのは、
初めてです。

とにかく、わたしのことを語って伝えて
わかったことがあります。

私の一番大切なものは
やっぱり「家族」なんですよ。

そして「家族」の幸せを創るのは
我が家においては、母親であり妻である私なんですね。

実は・・・
息子の足に、びっしりあせもができてしまって
昨夜は眠れませんでした。
(会議でドーパミン過多だったこともあって)

足を痒がり、何度も起きる息子を見て
気づいたんだよね。

もし・・・・・・(ありえない過去を肯定するのはスキじゃないけど)
いつもの私だったら
今週のはじめに、ぽつんとあせもが出来ていたのを見たら
小児科にいっていたと思う。うん、確実に。

そうはいっても、今週はあまりにも色々なことがあって
自分に余裕がなかったんだよね。

これはある意味、一番私にとって辛い現実で
そして、やっぱり思う。
私の幸せ=家族の幸せだってこと。

強がっているわけではなく
体験したことだから、自信をもって語れる。

食べられない・眠れない毎日だったけど
本当に眠れなかったのは
昨日なんだよね。

これは、忘れちゃいけないし
ここから学ぶことがあると思うし
だから、本音でみんなに伝えなくてはならない。

会議でも、何度も登場した
前に進むために必要な、自分の「安全基地」

私のそれは「家族」です。

痛い思いをしながら
ここを確かめながら
私は、やっぱり前に進むんです。

「安全基地」を確かめながら
「自分の幸せ=家族の幸せ」を追求すること。

それが生きるってことかなぁ・・・・・。

我ながら、今日はちょっと「深い」です。
眠りは「浅い」けど・・・。
[PR]
by Win-WinProject | 2006-07-16 06:51 | 仕事×子育て=HAPPY PJ

あきらめない勇気

こんな時に限って
ココログ(マイブログ)がメンテナンス中で、
自分の考えを整理すべき、思いをまとめることができない。

そこで
多くのワーキングマザーにとっても
私の直面している問題には、関心があるだろうと推定し
昨日に続いて、書かせていただこうと思う。

人事異動が発令された。
会社の内規によると
新幹線通勤を認められていない赴任地への異動である。

混乱のあまり、
涙と、感情の爆発を繰り返しながら
2日間を過ごした。

悔しくて、切なくて、
どんどん考えが後ろに向いて
私から笑顔が消えていった。

それは、どんな時も、どんなことも
笑って乗り越えてきた自分を自分で裏切る2日間だった。

そんな自分は、私らしくない。

1つだけ、わかったことがある。
私のために、共に考え、泣いてくれる
家族と同僚・友人がいるということ。

私のために、精一杯の対応をしてくれる
上司がいること。

乗り越えられるかどうかはわからない。

だけど、私のがんばり次第で
自分と家族のバランスを保つことが
出来るのであれば
今は、前に進もうと思う。

今の私には「辞めない理由」がある。

私は、静岡が好きだ。
テレビが好きだ。
ここで、私は、もっとやりたいことがある。

中学生の時から、憧れ続け
幾多の「不合格」を乗り越えて
一歩を踏み出したテレビの世界で

泣きながら毎日生放送に臨んだ新人アナ時代も

アナ出身の記者として、放送時間ギリギリまで駆け回った毎日も

妊娠で現場を離れることになり、一杯泣いたあの日も

それでもふんばり、大きなお腹を抱えながら
編成部で担当したPRキャンペーンも

育児休業から復帰して、連夜の睡眠不足と
母乳育児にへとへとになりながらも
CM進行班の責任者として
2年半、地道な作業に取り組んだ毎日も

私はあきらめなかった。

だから私は、これからも
あきらめずに「夢」を語り続けたい。

静岡県民と喜怒哀楽を共に出来る
そんな泥臭いソフトをいっぱい排出する
ローカルテレビ局の一員として、
たとえちっぽけなことでも
地元に貢献し続けたい。
地元に恩返しをすることが、私の夢であり、目標。

突きつけられた現実は
私にとっては、大きな試練だが
私は、私の譲れないものを忘れないようにしながら
それでも、前に進もう。

かき丸さん、
yukoさん、ブログをお読みの皆様、
ご心配かけました。

泣いてくれたいくまろちゃん、共感してくれたとよかなさん、
見守ってくれたすずちゃん、サンキュ。

こんな時にも、冷静に私を支え
これからやってくる試練に
一緒に立ち向かってくれる決意をした夫。

これからも
応援、よろしくお願いします。

私から笑顔が消えたらSOSのサインです。
助けてね。

え?Win-Winの活動どうするかって?
ははは。
やりますよ。ライフワークだもの。

基本は「マグロ体質」ですから。

BY はしけい
[PR]
by Win-WinProject | 2006-07-13 05:18 | 仕事×子育て=HAPPY PJ
頭が整理できていない段階で
まだ、書くべきではないかもしれない。

異動の内示があった。
事前に何の打診も無いままに
東京支社への異動を通達された。

会社の原則に則れば
新幹線通勤は認められていない。

3歳半の息子とともに上京、
単身赴任をしなければならない。
報道記者の夫に
3歳半の息子を任せて、私が1人赴任するのは
現実的には考えられない。

男性と同じように
女性も支社支局への異動はあるtというのが
会社の考えだろう。

でも・・・

ワーク&ライフバランスを考えれば
受け容れがたい現実だ。

私の中に「辞めない理由」はあるか

考えなくてはならない。

BY はしけい
[PR]
by Win-WinProject | 2006-07-12 07:18 | その他

「男性の育休」特集

以前、Win-Win主催の座談会で
ゲストとしてお招きした
経済産業省の山田課長補佐が
本日7/10(月)TBS系列 ニュース23
特集企画の中で紹介される予定です。

ニュースなので、事件や事故などで
変更になる可能性もありますが・・・

是非、みたいですね。


協働企画は、大詰めです。
かなり欲張った企画ではありますが
多くの方のご厚意で、予算は少ないものの
実現の可能性も充分。

今週14日が締め切りなので
週の初めには、完成し、メンバーに回覧します。


BYはしけい
[PR]
by Win-WinProject | 2006-07-10 07:14 | 仕事×子育て=HAPPY PJ

私は悪い母親?

1週間後の7/15、第11回国際女性ビジネス会議に参加します。

昨年に続き2回目の参加で、ドキドキワクワク、少しづつ気持ちが高揚してきています。

・・・なのですが、先日、ある年配の方からこんな言葉をかけられました。

「今、あなたにとって一番大事なことは何ですか。
毎週のように出かけているようだけど、何か大切なことを見落としていませんか」

彼女が言いたかったことは、きっとこういうこと。
「子供を毎日保育園に預けていて、週末くらい一緒にいてあげたらいいのに。
今いろんなことをしようとしなくても、そのうち子供は自立していくもの。
その時、自分の時間はいくらでもつくれる。
今は、自分のことよりも、子供が人間らしく生きていくための基礎を
つくってあげることが先決ではないの?」

確かに、このごろ一緒にいる時間は短いかもしれません。
先週受けた試験にしても、来週参加するビジネス会議にしても、
娘と一緒の空間にいることはできません。

でも、短い時間でも一緒にいる時間は大切にしているつもりです。
それでも、そんな私の行動が、娘に負担になっているのでしょうか。


「私は、悪い母親なのかな?」
ここ2~3日、自問自答を繰り返しています・・・。


yuko
[PR]
by Win-WinProject | 2006-07-07 16:44 | その他

インディでいこう

オススメの本です。

慌しい日常生活でも活かせる「ヒント」があります。


インディでいこう!
ムギ(勝間 和代) / ディスカヴァー・トゥエンティワン
ISBN : 4887594429
スコア選択:




著者のムギさん、
静岡に来てお話してくれないかなぁ・・・。
きっと「オーラ」強いと思います。

また、企画書を書きたくなってきた(むずむず)

BY はしけい
[PR]
by Win-WinProject | 2006-07-07 06:08 | その他