自分も皆も『Win×Win』 


by win-winproject
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2007年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

静岡のアイセル21主催の講座で
福沢恵子さんの講演を聴く機会に恵まれた。

福沢恵子さんは
様々なメディアにご登場されているので
お名前とお顔は存じていたが
お話を聴くのは、初めてだった。

この日は
「思いをカタチに
  わたし流キャリアの作り方」
という演題で

・仕事をすることの意義
・働く女性を取り巻く現状
・女性のキャリアのエンパワメントのために
・エンパワメントを日常レベルに落とし込むために
・根とワークの5つの掟

という5つの柱を立てて
ご自身の経験や体験を元に
参考になるお話をたっぷり聞かせていただけた。

中でも、
日本において、どれだけ女性の時間的な負荷が
男性よりも大きいかというお話が印象に残った。

「女性=時間弱者」という観点からのお話だったが
諸外国と比較して
男性の家事・育児労働時間が少ない分、
女性は、職場でも家庭でも「働いている時間」が多く
その点において、弱者だというのだ。

そんな環境の中で
「男並みに働いたら女も認めてやる」という
罠にはまらないことや
「仕事に男も女もない」という詭弁に
だまされないことが大事だという。

陥りがちではないですか?
こうした罠。

わたしは、生真面目な性格もあって
「負けたくない」という気持が
ついつい身体と頭を支配して
気がつくと、追いつけ追い越せで
必死になってしまっている。

そこで、福沢さんに
「そういう罠に陥らないための秘訣は?」と
お尋ねすると・・・
こんな答えが返ってきた。

「いつも100%の力でやっていると
本当に力を発揮しなくてはならない時には
130%位の力が必要になり、その分負荷がかかる。
だから、自分が辛くない程度にエネルギーを
80%くらいに、いつも温存していく方がよい。
そして、ここだと言うときに100%の力を出す。
もちろん、わたしはいつも80%ですなどと
宣言する必要はないけれど。
いつも100%じゃなくていいんですよ」と。

また、女性の場合は
終身雇用が前提という意識が染み込んでいる男性と違って
特有の焦りがあり、
いわゆる「燃え尽き症候群」のような結果を
招くことも多いという。(最近は若い男性にも多いそうだが)

確かにそうだよなぁ。
人生の時間配分でみても
仕事場で100%発揮していたら
家庭では、上手に切り替えようと努力はしても
もうほとんど力は残っていないし
子供と向き合う気力や
夫とゆっくり話す気持も余裕も
なくなってしまうもの。

がんばり過ぎなくてもいいということを
福沢さんの見地から伺って
ストンと心に落ちた気がした。

これからは、上手くいかないときには
こんな風につぶやいてみよう。
「いつも100%じゃなくていいんだよ」とね。

BY はしけい
[PR]
by Win-WinProject | 2007-09-30 09:39 | 仕事×子育て=HAPPY PJ

求む★子育て系雑誌

トヨカナちゃん提案の
「求む30台雑誌」に関連してです。

まもなく40台の私・・・が、ここ1年くらい興味を持っているのが
「日経KIDSプラス」です。

教育系の雑誌の創刊ラッシュが落ち着き
プレジデントファミリー
AERA別冊 EDUなど・・・
「お受験」ものが多い中で
明らかに「日経KIDSプラス」はテイストが違う。

自然の中で、どんな風に子どもと関るかとか
夫婦のコミュニケーションと子育てという視点など
とても、好印象です。

夫婦で抵抗なく、楽しく読めるし
情報量も多いし
スタイリッシュだし
WMや、シングルマザーやファーザーなどの子育てについても
とてもフラットに取り扱っているので
心地よいのです。

私は、日経KIDSプラスの編集長の尾島さんに
是非、講演会などにお招きしたいと
胸に秘めているのですが・・・
これはなかなか実現しておりません。

というわけで、みなさん、子育て系の雑誌は
読んでますか?

BYはしけい
[PR]
by Win-WinProject | 2007-09-28 07:02 | 仕事×子育て=HAPPY PJ